HOME>コラム>習い事をさせて子供の才能を開花させるために知っておきたい事

習い事をさせて子供の才能を開花させるために知っておきたい事

英語

無理のない範囲で通わせよう

子供のうちに習い事をさせる親は年々、増加しています。内容もダンスや英語、楽器演奏などと多方面に渡っています。将来の子供のためになることとはいえ、あれこれと習い事をさせるのに疑問を感じます。その理由は複数の習い事は子供の負担がかかるからです。大体、あれこれと通わせた結果、健康を損なう可能性もあります。幼いうちから詰め込み教育はよくありません。確かに習い事をさせることは情操教育に役立ちます。特に幼児期は人格形成の基盤をつくる重要な時期です。いい経験を与えるのは情操教育の一環ともなります。だからといってやりすぎては子供のためにはなりません。できるだけ、無理のないやり方を考えて通わせる必要があります。

勉強する子供

子供の意見に常に耳を傾けよう

習い事をやらせる場合、必要なのは子供のやる気です。やる気がなかった場合、長く続けることができないからです。それに子供が行きたくないのに無理に習わせても上達はしません。むしろ、子供の情操教育の障害になります。幼児に習い事をさせるなら本人が興味を持ったモノから始めるべきでしょう。いきなり、習いに行かせるのではなく本人が行きたいと言ったモノを習わせてみましょう。それに習い事によっては体験教室を行っています。無料で行っているので気軽に参加できます。一度、参加してみて子供の様子を見るべきでしょう。本人がやりたいと言う習い事ならきっと長く続けることができるでしょう。それに続けることが上達する秘訣になります。